めまい、立ちくらみの予防を徹底する

貧血対策は入念に

妊娠中に貧血ですと言われたらビタミン剤を処方して下さるようですが、元々貧血気味の方でしたらすぐに、貧血と言われてからでも、そうでない方もプルーンを摂取するよう心掛けてみて下さい。

ビタミンEの宝庫で貧血も改善しやすく、新しい細胞を作るのに最適な栄養素がたくさん含まれています。粒状とビン入り液状があり、つわりのひどい時には食べにくいかもしれないですが、液状ならパンに塗って食べるのが手軽に取れると思います。サンドイッチにして、冷やしておくといつでも食べやすいです。カレーやミートソース、煮物作りなど料理にも混ぜて使えます。

また妊娠中悩む便秘にも効果があります。毎日摂取することで、便秘しにくい体質作りになります。

中期以降から体重管理は勿論、妊娠中毒症と言われてしまうと塩分控えめなど気をつけなければならない事があり、出産を終えれば授乳・育児が待っています。そして離乳食作りとなれば当然、子供に安全なものを食べさせたいと思うことでしょう。まずは妊娠中から健康な体を作っていくことが大切です。


妊娠中必須の葉酸と鉄分

妊娠中に必須とされる栄養には、ビタミンの一種の葉酸というものがあります。このビタミンが不足すると胎児へ悪影響を与えることになり、生まれてから先天性の異常が残る危険があります。そのため、妊娠中には、意識的に葉酸を摂取することが推奨されています。緑黄色野菜や肉のレバーなどに多いのが特徴で、食生活が乱れていなければ不足することは防げます。

葉酸は、造血ビタミンとも呼ばれるもので、貧血を予防するために鉄分と同様に摂取することが欠かせません。鉄分だけを摂取すればいいわけではなく、バランスよく栄養を摂取することが重要です。

妊娠中に貧血になることもありますから、鉄分と一緒に葉酸を摂取することが必要なのです。ニラレバ炒めには両方の栄養が含まれています。アサリやシジミなどの貝類にもヘム鉄が含まれます。貝の味噌汁に海藻を入れることで、鉄分をバランスよく摂取できます。野菜サラダもよく食べて、ときには野菜ジュースも飲むようにすると効果的です。

Copyright (C) 2015 妊娠発覚から出産までの生活と注意点 All Rights Reserved.