鉄分、葉酸などの重要な栄養素と体重

つわりが落ち着いてからの食事

妊娠することで、身体のバランスはとても崩れがちになります。つわりがある初期の方は、まだ赤ちゃんにそこまで栄養が行くわけではありませんので、無理をして食べなくても大丈夫です。

つわりの時には吐き気が合ったりしますが、脱水症状だけは気を付けて、どうしても食事がとれない時には、点滴などの方法もありますので相談されてみてください。

ちなみに、妊娠中期になりますと、つわりも大分落ち着いてきます。ですから、妊娠中期になりますと急に食欲が出てくる方が多いようです。そこで注意することはやはり食事のとり方です。

バランスのとれたものを摂り、カロリーと塩分には気を付けましょう。妊娠中期~後期になりますと、むくみやすくなりますし、塩分を取りすぎる事で、妊娠中毒症になってしまうこともありますので、その点には気を付けましょう。

さらに、鉄分が減ってしまいがちですので、鉄分、葉酸などを積極的に食事からとることが大事なのです。


体重管理の必要性について

妊娠中期はつわりなども落ち着いてきて、食事も普通に取れるようになってきます。そこで気を付けなくてはいけないのが体重管理です。妊娠しているから体重はどれだけ増えても正常だというわけではありません。

産婦人科医の定期検診の際に体重が増え過ぎですと言われる方もけっこういらっしゃいます。ダイエットをする必要はありませんが、食べ過ぎないようにし、毎日体重をはかるなどの体重管理が必要です。妊娠中期は赤ちゃんの成長にとって重要な時期です。

体重を減らさないとだめだと言って一生懸命運動するようなことは避けてください。妊娠中期になっても絶対に安心というわけではないのです。脂肪がつきすぎると産道が開きにくくなり、出産の際に赤ちゃんがなかなか出てこなくなります。

そうすると母子共に危険な状態になります。難産はその後の赤ちゃんの成長にも影響を与えてしまいますので、妊娠中から健康な赤ちゃんも産むために気を付けていかなければいかません。

Copyright (C) 2015 妊娠発覚から出産までの生活と注意点 All Rights Reserved.